読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の感想(2)

 福井にいると夜22時強制就寝朝5時おきのジジイで暇なので映画の感想書きます。

 

 ララランド、ジャンルは恋愛映画です。

 女優を目指し日々オーディションを受けるミアと、ジャズヲタクで売れないミュージシャンのセブが偶然パーティーで出会い、お互いに恋に落ちていくお話。

 

 恋と夢というヲタクには縁遠いテーマながら、かなり楽しめました。9/10点です。

 恋に落ちていく過程の描写は見ているこっちもときめいたし、ミュージカルではノリノリになれました。演出も緊迫感とか臨場感が出るようなカメラワークで総合的に飽きることがなく映画の世界に吸い込まれる作品でした。

 

 大学でララランドを見た人たちの感想も聞いたんですが、「ご都合主義」とか、「ラストはないわ~」って言ってる人が多かったです。

 全くそうは思わなかったですけどね。セブも色々と諦めて、ミアも覚悟をして、あの昼の高台のシーンが有って、それでこそお互いの夢がかなえられるワケですよ。

 それでも二人が、最後の空想のミュージカルシーンこそが二人の現実離れした理想の世界(ララランド)に居るという現実とのギャップがリアルだと思いました。

 

 セブ役のライアン・ゴズリングは毎日4時間もピアノ練習してたらしい、凄いうまかった。あとセッション見たことある人は見て欲しい、クスッとなります。てか演出とかまんまやね。サントラ欲しいでホンマに。


 で、何が最悪かて後ろのクソガキカップルが上映中に一生喋ってたことね。最悪ですよ。思わず鼻くそ投げつけました。

 ちなみに僕はお母さんと見に行きました。

 

   

 

 

ネクロダンサー攻略

ダラダラ勉強してたらもうこんな時間なので眠気覚ましにお風呂に入ってます。

フォロワーさんが最近ネクロダンサーを買ったみたいで、ネクロダンサー好きな自分は嬉しいです。

で、皆さん口々に「赤ドラゴンが強い!」と言うので暇つぶしに(ステージ毎モードの)攻略でも書こうと思います。

〜ステージ1〜

特筆すべき事はないですね、最小限のダメージで素早く切り抜けます。余裕があれば隠し部屋のアイテムや宝箱を回収して強化しましょう。

赤コウモリの動きに気をつけて。

〜ステージ2〜

敵が強く多くなります、アルマジロは隣接マスに立たない、骸骨は(魔法使いも縦持ちも)横から倒すことを意識して一匹ずつ狩っていきます。

ステージが広くなりますが、その分アイテムも多く、ブロックを掘った先の隠し部屋でしばしば爆弾が手に入ります。

爆弾は箱やブロックを壊すだけでなく、敵を一掃する強力なアイテムなのであって損はないですよ。

〜ミニボス攻略〜

レッドドラゴン

文字で説明するのは難しいですが、まずはビビらずにタテに隣接します。攻撃→移動→攻撃→移動をタテに隣接したまま繰り返しましょう。

するとどうしてもこれ以上タテ(上下)に進めずに横に行かざるを得ず、炎ブレスがとんできます。

ここで炎ブレスをタテに避けると、ドラゴンと自分は斜め1マスの位置になるはずです。

この時に、再び最初のタテ並びの状態に復帰します(焦ると普通に殺られるので慣れるまでは距離とってから復帰推奨)。

この繰り返しでビックリするほどレッドドラゴンを倒せます(倒すパターンは色々ありますけど)。

【バンシー?】

ステージ2で出てくるミニボスです、攻撃した後に焦らずその場でワンテンポわざと遅らせるか、周囲のブロック、または敵に一回攻撃すれば余裕です。カモ。

ダイヤモンドでアイテムを解放する場合、ボス部屋は早めに解放した方がいいと思います。練習できるので。

ほな、テスト受けてくるわな。留年せーへんよう祈っといてな。

t7s LIVE -INTO THE 2ND GEAR 2.5- 感想

 1/15日なんばHatchにて開催されたTokyo 7th シスターズのライブの感想を書きます。

f:id:iorin_screams:20170117015331j:plain

 まずは右も左も分からない自分を2日間助けて貰ったいつもの4人と「絶対来い」って言ってくれたヲタクに感謝の意を、本当にありがとう。

 

 何から書けばいいのか凄く迷うけれど、メチャクチャ楽しかったのと感動したのと後悔した気持ちがグチャ混ぜになってよく分からん気持ちになってます。

 

 『僕らは青空になる』、『KILL☆ER☆TUNE☆R』『Cocoro Magical』

やっぱこの曲なんだよなぁ…としみじみさせてくれる間もなく大熱狂に包まれてテンションノリノリになってしまった。演者さんがハイタッチしてるところ可愛かった(後方でよく見えなかったけど)

 

 MCが入ってLe☆S☆Ca登場即『YELLOW』。藤田茜さんがドチャクソ可愛かった。

『Behind Moon』が流れた瞬間に、何かよくわからないけどグッと来るものがあって、半泣きになりながらしんみりしてしまった。最高の曲です。

 

 『ラバ×ラバ』『AOZORA TRAIN』『You Can't Win』『Clover×Clover』

しんみりとはなんだったのか、熱狂が熱狂を呼び自分もアホみたいに高まって腕を振って叫んでいた。よく考えたらあんなにテンション上がったの人生で初かもしれん。

 

再びLe☆S☆Caで『トワイライト』『たんぽぽ』。

 も○ぎ大先輩も言ってたけど、まぁ~~~トワイライトのコールはいらなかった。めっちゃ感動してたのに水刺されのもあったし、コール入れる場所でもないと思うし、そもそも”そういう曲じゃない”かなぁって。それを除いても、めちゃくちゃ感動した。

  これはユニットの小説読んでたらもっと思い入れが強くなるだろうと思ったし凄い後悔しました。早く買わねば。

 

『ハネる』は一生高井さん見てました。ハネてるところ、可愛すぎて頭おかしくなっちゃった。ピョコンって聞こえたよ絶対。

 

 ここからはマジで怒涛だった。『GirlsTalk!!』『セカイのヒミツ』『SAKURA』『さよならレイニーレイディ』。

 ガールズトークで腰爆弾が爆発してジャンプできなくなって、セカイのヒミツで桑原由気さんに恋をして、SAKURAで魂抜けちゃって、さよならで今井ママ…ちゅき…になって。本当に生で見て、ライブである意味を体感できた。

 

 大阪なんて雪はふらないのは当たり前なのに、この日は雪が降った。

ライブの日に雪なんて、と思ったけど『Snow in "I love you"』、なんてタイミングがいい寒波なんだろう。

 この曲がナナシスで一番大好きなんですが、本当にいつも聞いてる音源か?と思うほどに感動した。てか泣いてた。

 ナナシス2nd、アイマス10thはもう一生リアルタイムで見れないこと。生歌爆音の熱狂、高揚。初めて声優、演者さんに対して「グッ」ときたこと。いろいろなことを思って涙が止まらなかった。

 

『H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!!』の後のビデオレターではみんなボロ泣きしていたであろう。「スミレ~~~~!!!!!」という右後方からの声は自分です、こっちがありがとうだよ。

 『FUNBARE☆RUNNER』は演者さんがバトンを繋いで、ラストはキャノンが打ち上げられて最高の終わりだった。

 

 初めてのライブがナナシスで良かったな、と素直に思わされる最高のライブでした。絶対に3rdに行くという強い意志が生まれました。

 あと今まで声優に興味なかったけど、自分の好きな作品の声優に興味が出るってこういう気持ちなんだなぁってのがわかった。桑原由気さん、好きです。

  

 読み返したら雑感ですね、楽曲聞きながらノリノリで書きました。

 2.5で会ってくれた支配人の皆さんありがとう、次は3rdでお会いしましょう。

 

 

STEAMおすすめゲーム(笑)

卒論の残り800字が書けないので気分転換に他の内容で文字を書こうと思います。

ちなみに締め切りは1/16(あと3日)、印刷すら終わってません。

 

さて、今日はPCゲームのプラットフォームで有名なSTEAMのおすすめゲームを紹介します、是非買って一緒に遊びましょう!

 

『Rocket League』

通称「ロケリ」と呼ばれる、海外でも大人気のゲームです。

f:id:iorin_screams:20170113162221j:plain

 

内容は簡単、車を操作してボールを蹴って相手のゴールにシュート!

 

要は車を使ったサッカーですね、これがとんでもなく奥が深い。

浮いた球を、ブーストを駆使して車を浮かして空中からシュートなんてこともできるわけです。

 

ゴールを決めた時、相手のシュートを防いだ時の爽快感、1点を争う手に汗握る痺れる試合、脳汁でまくりで飽きさせてくれないのがこのゲームです。

 

気になった方は是非youtubeで調べてみてください、一緒にネットで青春を取り戻しましょう。因みに僕は300時間プレイしていますが腕は下手くそです。

 

『Crypt of The NecroDancer』

通称「ネクロダンサー」、リズムゲームローグライクゲームが素晴らしい融合をはたしたゲームです。

 

f:id:iorin_screams:20170113162957j:plain

 

画像はスクリーンショットで伝わりにくいのですが

 

ダンジョンに流れるリズムに乗ってプレイヤーを一マスずつ動かしていき、ダンジョンをクリアするゲームです。

(ドンッドンッドンッ……←ドンッ一回で一つ動か”なければならない”)

 

トルネコダンジョン、風来のシレンみたいに道中で武器を強化し防具を整えボスに挑む面白さもあります。

 

なにより音楽が素晴らしくかっこいい!ボス戦では音楽に集中しすぎてノリノリでキャラを動かしたら死んでいたなんてこともしばしば。

 

気づいたら2時間過ぎていたなんてこともしばしば…100時間プレイしましたが実績は全然解除できてないくらいのボリュームもあります。

 

「こんなん簡単やろw」と自信ある方、是非クリアタイムを競い合いましょう。

 

他にも紹介したいゲームがありますが疲れたのでこのへんで。

 

映画の感想(1)

 あけましておめでとうございます。新年早々風邪を引きました。

 

 フォロワーさんに教えてもらった「17歳のカルテ」を見ました。

 

 精神病棟に入院している女どもの生活を通して主人公が退院していく過程を描いた作品です。舞台はアメリカ60年代(多分)、院内でもどこでもタバコ吸いまくりの時代っぽいです。アンジェリーナ・ジョリー可愛い。

 

 真面目な感想書きます。

 拒食症、ボーダー、虚言症、抑うつ、いろんな女と病気が登場したけど、生きてる人は誰だってみんな精神的にどこか狂ってるし、誰だって「人を飲み込む流砂」(作中で人生を飲み込む暗流という意味らしい)に陥るし、大小でしか違いはない、と思う。

 誰もが持ってる内面の狂いとどう向き合うか、向き合って前に進むことが生きることだと気づいたアンジェリーナ・ジョリーが演じるリサは、きっと社会復帰できていると信じたい。(ちなみに原作はノンフィクションらしい。)

 「(なんとなくだけど)本気でつらい」「(なんとなくだけど)本気で死にたい」って言ってる元気があったら内面と向き合うエネルギーに変えたり、外に原因を求めすぎて自分の内面が見えてない人に是非100回見て欲しい。

  Twitterのメンヘラ(気取り)のおまえらだよカス。逃げんな。ネットでいくら喚いて同情引いて、仲間集めて仲良し小好ししてるのは死んでるのと一緒だよ。(向き合ってる人も何人かいるけど)

 

 自分の中では見てよかった、社会人になってからまた見たい映画にランクインしました。

 

 勧めてくれたフォロワーさんは僕によくオススメ映画と音楽、それとウンチの画像をDMで送ってきます。

Twitterは

 フォロワーさんと連日話して思ったことを徒然なるままに書いていこうと思います。

 

 まぁ自分もTwitterでよく言ってるし、今更言うことでもないんですけれどもね。

 

 ツイッターの話。これについてはまずどこからTwitter始めたの?って所からかるーく話したいと思います。

   3年前、2chのvipで「一斉にTwitterやろうぜ」ってスレから来たんですけど、当時は良くも悪くも”クサ”い。フォロワーに興味があってフォロワー同士の内輪感があって、最初は楽しかった。今のヲタク界隈で仲いい人たちと俺の絡みも、そうかもしれないけど。

 1年経てばそれもやがてキモく感じて、徐々に徐々に今のヲタク界隈にシフトしていったんだけど、どの界隈、すべてのSNS、すべての人間関係まではいいすぎだけど、一つ共通点が見られるのは、””””””女と男””””””。

 

 まぁ何がいいたいかって、姿かたちを変えていかなる集団に属していても、やはり人間、男女関係はあるもので

 Twitterだったら例えば

女「日常関係云々のどうでもいいツイート」←わかる

リプ男「それに関して冗談で下ネタやら〇〇行こwとか言う」←????????

リプリプ女「ワロタwそれなら△△で~wとかつまらんリプを続ける」←・・・・・・・・・・・

 

 これが、話の内容的に面白いとか知的だとかではなく、冗談めかしてキモいリプライ送る男とそれを助長する女がほんとうにどこにでもいるわけで、特にネットで。

 

 それを見てると、別に自分が関係してる人とか関係なく不快感がせり上がってくるんですね。多分悪いインターネットに毒されすぎたからだと分かってるんだけど。

 

 で、純粋にこういうやり取りがキモチワルイ。女にそういうリプする男も、助長させる女も、「ウチらツイ仲間だし~w」って感じも。

 特に男は、「ツイ仲間」(笑)だからリプしてんぜwって意識だろうけど、こいつらは女だからリプを送るんだよな、男だったら絶対送らないもん。で、女を助長させるようなキモい下ネタリプやら送るわけで、女も調子のって?チヤホヤされて?、ただただリアルに反映されないショッパイ異性に対する欲望をさらけ出しているみたいで気持ち悪い。

 

 自分がこういうネットの場に対しての”性”ってのが好きじゃないってのは大いに関係あると思うけども。

 

 まぁ~~~~~しんどい、3年間見てきて、リムってブロってもまだ見え隠れしてて、多分終わりはないのかなぁって思った。

  全員死んじまえ、キモいから。

 

 逆に、アニメアイコンでアニメとエロと暗い話で盛り上がってる俺(ら)はキモいのかもね。俺(ら)もオフ会とかしてるし、「仲間~w」ってのは一緒かも、違うけど。それとこれとは別なんだよね、俺がキモいと思ったらキモい。

 

 後は最近本当にツイッターに対して虚無僧になった。この感覚はわかると思う。

 

 Twitter、本当に住みやすくなったな~。逆にね、逆にだんだん住みづらくもなった。難しいなあコミュニティと人間関係は。

 

マカオ4

  バイト→卒論→ソシャゲ(大学)→バイト→卒論の繰り返しでバイト先以外の人と誰とも顔を合わせずに夜な夜なTwitterで女を叩いてたら心が尖りすぎて折れそう。

 

 マカオの話多分最後。

 そんなこんなでいざセックスするかって雰囲気になり寝かされてフェラされる。まぁ、普通のフェラなんだけど、嬢が「んぅ・・・ふっぅ・・・」とか喘ぐわけ、演技で。それ聞いててなんか「ちげ~~~な~~~~」とか思いつつ、微妙なチンポの硬さをキープしてた。

 

 あといきなりアナル舐められた時はびっくりしたね、俺の初アナル舐めがこんな売女に奪われたのかと、いま思うと悔しいです。

 

 で、ここからが俺的超ベストプレイ。

 嬢がなんかの液体を口に含んで、俺の乳首を舐めるんだけど、ただ舐めるだけじゃなくて

「ジュルルルッ!!」て吸うのよ、しかもちょっと熱いローションで。こりゃたまらんち。流石に「おうふっ」とか言っちゃった気がする、チンコは元気なかったけど。

そんで次は冷たいローション、熱いローションとまた交互にやってくんだけど、乳首責め(られ)大好きな自分としては最高でした。謝謝マカオ、お前がナンバーワンだ。

 

 その後一生フェラされて、ゴムつけられていざ挿入するんだけど

騎乗位6ピストンと正常位4ピストンくらいで萎えた、マージで無理になった。

なんか「風俗ってこんなもんか」、「わざとらしい声うぜぇ~」とか思ってたのもあるし、言葉通じなさ過ぎてイライラしてたのもあるし、全部受け身で面白くなくて萎えた。

 あといきなり挿入されてもあっち濡れてないし別に気持ちよくないもんね俺も。

 

 後は嬢と一生ジェスチャーでダラダラ過ごしてた。なんか「22歳なのにおちんちん勃たないってお前やばくね!?」みたいなこと言われたけど、俺からしたらオナニーできるし別にどうでもいいわ。知らん。一生風俗で股開いとれ。

こんな感じで、僕の人生初風俗は終わりです。プレイよりマカオのシステムのほうが浮世離れしててめちゃくちゃ楽しかった。

 

 あとは3日目に香港いって中華食ってきました、本場の中華はやっぱり美味い。

香港自体はビジネス街で特に観光するもんもない。ダラダラ歩いて汚い店でワンタンメン食った。不味すぎて残した。

 

 ホテル帰って浴びるほどビール飲んで吐いて徹夜して飛行機乗って、男同士の旅って無計画でバカでアホだけど気兼ねなくて面白いし、やっぱこういうの女と行くのは無理だな~~~って思いました。

 

 初海外旅行で思ったのは、まぁなんとかなるってこと。wifiとしょっぱい英語で目的地にもいけるし、買い物も不自由しない。ただ、中国だからか国民性?の違いで苛つくことはしょっちゅうあると思う。でも、全部ひっくるめて日本でいいやって感じた。

 

 初風俗は、まぁこんなもんかって感じ。多分二度と行かないと思う。

どうでもいいけど、中国の奴らマージで声でかすぎて不快だった。あと歩きながらリンゴ丸齧りしてるやつ多すぎて笑った。

 

さて、こんな駄文でも1200字あるらしい。卒論はまだ3000字しか書けてないのにな。