かっちゃん

今日は従兄弟の一番上のかっちゃんの結婚式だった。

4兄弟の従兄弟の中で、一番そういうのがなさそうだね、と妹とよく話してたから

社会人生活が長くなるとやっぱり、何かが違ってくるのかもしれない。

俺は会社のトイレでソシャゲしてるけど、いつかしなくなるのかも。

 

 

バイト以外で、結婚式に参加するのは初めてだった。

ビルの中にある教会で、牧師が「愛を誓いマスカ?」と言う。

新婦側の友人たちがボロボロ泣いてるのを見て、はぁ~、と思った。

牧師も、アニメに出てくる様な、わざとらしいカタコト日本語が酷く、萎えた。

「ミナサンの前で、愛を誓いマシタ! ミナサンが聞いた通りデス!」

結婚は契約なんだ、と思った。

(こんな面倒臭くて恥ずかしい行事一生やりたくないなあ~)

気団浮気制裁スレが大好きな俺は、「探偵やってみたいな」と思った。

 

 

披露宴で、かっちゃんと兄弟が並ぶと、新婦側友人席が

「イケメ~~~~ン」とどよめいた。いかにも手芸部っぽい女たち。かたやオタク。

ふとこの前結婚したサンオツフォロワーを思い出す。

「マジできついよ毎日ぃ~!!毎日ゲームして酒飲みたいだけなのに

 てか結婚式と披露宴で新車買えるわ!!ほにゃぁ~!!」(38歳)

しょ〇んた、結婚おめでとう。俺には何もかもが無理である。

ここにいる場違い感を誤魔化すように、赤ワインだけを飲んだ。

 

 

3連休なのに、土曜日が潰れる。台風が来てる、スーツが濡れる。

気分は憂鬱、タバコが沁みる。

よう実は面白い。ネトゲします。ブリリ。